BALLBAND PLAT GOODYEAR WELT PROCESS

新製法プラットグッドイヤーウェルト製法とグッドイヤーウェルト製法との違い

 

通常のグッドイヤーウェルト製法は、作業工程が靴の製法の中では最も多く複雑でベテランの職人技が必要とされ手作りに最も近い製法です。

従って高価ですが、他の製法に比べて機能性も見た目にも絶対的な差があります。

 

グッドイヤーウェルト製法の良い点

*履けば履くほど自分の足に馴染む

*修理が何回も出来るので、手入れ次第では長持ちする

*アッパーとソールの立体感があり、高級感がある

 

グッドイヤーウェルト製法の欠点

*重い

*硬い

*ソールの返りが悪く曲がらない

*足に馴染むまで長時間かかる

 

 

新製法プラットグッドイヤーウェルト製法

 

従来のグッドイヤーウェルトの良い点はそのまま継承し、欠点を改良しました。

 

*軽い

*ソールの返りが良く驚くほど曲がる

*柔らかい、クッション性がある

*すぐに足に馴染む

ボールバンドの革靴は全て新製法プラットグッドイヤーウェルト製法で出来ています。

 

*掬い縫いは機械では縫えないので職人が手縫いをしています。(ハンドソーンウエルテッド)

*アッパーはイタリア製の牛革カーフ(仔牛革)を使い、手染めで色をつけています。(パティーヌ)

*オリジナル軽量アウトソールは軽く滑りにくい。

*ヒールは革の積み上げが高級感を出し、トップリフトはソリッドラバーで減りにくい。

*中底がスポンジで巻いてあるのでクッション製が抜群で足にフイットします。

*さらに中物のコルクが敷いているので自分の足型になります。

*そして驚くほどグニャリと曲がります。

 

プラットグッドイヤーウェルト製法の靴はBallbandだけです。多分世界で初めての製法だとおもいます!

ニュースレター配信に登録する
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram

〒145-0066 東京都大田区南雪谷1丁目4−10 レオノーレ雪谷 1F

BALL BAND YUKIGAYA STORE

TEL : 03-6425-8154 E-MAIL : info@ballband-jp.com

Copyright (C) BRITHOUSE All right reserved