BALLBAND SNEAKER

Ballband Sneakerが他のヴァルカナイズスニーカーと違う点

*トリプルクッション(インソール)

アメリカで生産していた時からトリプルクッションが特徴でした。

復刻版では現代のテクノロジーを駆使してさらに履き心地を高めました。

インソール全体のスポンジは長時間履いてもつぶれなく、クッション性が落ちません。

さらに汗が下に落ち蒸れ難くなっています。

足の屈曲部には低反発のスポンジをはめ込み、ヒール部には高反発のスポンジでクッション性を高めました。

アウトソールの厚みとインソールのクッションで石や凸凹の突き上げがありません。

*サイドマッケイステッチ

レザーアッパーのアイテムには、ヴァルカナイズ製法の欠点である屈曲部のホクシングテープが必ず剥がれてしまいます。

それを失くす為ホクシングテープ全周をステッチをかけました。

これで剥がれることはありません。

*ヒールの高さをつけました。

通常のヴァルカナイズスニーカーはソールが平らなので普段ヒールがある靴に比べると後ろに重心がかかり、長時間歩くと疲れます。

Ballband 中底とインソールにヒールの高さをつけたので、長時間歩いても疲れません。

*レザーアッパー

ソフトなシュリンク状のシボの牛革を使い、

ライニングとアッパーの間にクッション材をはさんでいるので足にやさしいスニーカーになっています。

タッグ1.jpeg
タッグ2.jpeg